<< レアル・ベティスVSレアル・ソシエダ(リーガ・エスパニョーラ第30節)〜ベティコも匙を投げる試合〜 | main | スペインでみるMade in Japanの真髄 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本のアニメ、マンガ、ゲームの祭典(前編)in Granada〜孫悟空も翼くんも星矢もルフィもNARUTOも大集合〜

先月、ちょくちょく顔を出すBARの店長のアレハンドロから、ある誘いを受けました。

「今週、グラナダで日本のアニメとかマンガのフェスティバルがあるんだけど、一緒に行かないか?」と。

なんだそりゃ。色々、話を聞くもなかなか見えてきません。百聞は一見に如かずということと、ちょっとした恐いもの見たさで行くことに。

そして翌日、アレハンドロの車で会場へ。もう1人メキシコ人も一緒に行く予定だったんですけど、待ち合わせの時間になっても来なかったところ、アレハンドロはさっさと出発。電話してみれば?と言っても「寝てんじゃね?」とだけ。なんともあっさりな・・・。

車中、アレハンドロの大好きなジブリ作品の話題で盛り上がる。お気に入りは『千と千尋の神隠し』、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』。自宅にある大きなプロジェクターで観ているそう。

そこで聞いてみました。「どうして日本アニメとかマンガが好きなのか?」と。すると、「スペインのマンガとかアニメは全部似たようなものなんだよね。単純だしさ。ほとんど戦争ものとかだし。それにアメリカもそうでしょ?解り易いヒーローものばっかりでしょ?それに比べて日本のは違うでしょ。ストーリーもキャラクターも個性があるし、奥が深いもんね」とのこと。なるほどね。

それから話は誰が最初に日本のアニメやマンガをスペインに持ち込んだかに。
「たしかね、日本に留学?仕事?(記憶曖昧)で行ったスペイン人(名前忘れました)が、最初に持ち込んだんだよ。でもね、お金がないから、日本で売られているものをコピーしてこっちで販売とかしてたんだ」おいおい。それは犯罪じゃないのかい?さすがに今は違うとのこと。

アメリカの事(ほぼ批判)に話が移った頃、会場に到着。

会場

正式名称は『Salon Internacional del Comic de Granada(国際コミック展示場)』

グラナダで開催されるのはこれが初めてじゃないらしいです。

3ユーロ払い、入場券をもらい、いざ会場へ。なんだか言いようのない心境。

会場内に一歩足を踏み入れたその瞬間、怯みそうになりました。その熱気に。言葉で表すのは非常に難しいけれど、こうムンっとくる感じ。とにかくすごいんです。

もうですね、ものすごい奇妙な世界。日本が溢れ、スペイン人がそれに群がる様。

とりあえず一通り、アレハンドロと会場内を見て周ったのですが、それだけでクラクラっときそうでした。熱気にやられて。

露店

壁には

DRAGON BALL Z

デカデカとドラゴンボール!!僕も小学生時代、ドラゴンボールの虜だったひとり。さすがに興奮したし、懐かしかったし、どこか誇らしかったです。自分が書いた作品でもないけど、やっぱり日本のものがあれあけデカデカとあると。

今でもスペインではアニメが放送されています。だけど、こっちのドラゴンボールはいくつかの戦闘シーンがカットされているんだそうです。なんでも子供に悪影響だからとかで。検閲が入ってるんですって。なんだかなぁ。魅力半減でしょ。

やっぱり本気でカメハメ波だせると信じて、実際にやってみるぐらいの子供であってほしいなぁ。経験上。

DRAGON BALL Z02

マンガもこのとおり。

Tシャツ

Tシャツ02

Tシャツも各種、取り揃えております。

聖闘士星矢

ペガサス流星拳!!『聖闘士星矢』も参戦。いや、もう脱帽。

オリベとベンジ(キャプテン翼)

翼く〜〜ん!!『キャプテン翼』はこっちでは『オリベ(翼くん)とベンジ(若林くん)』です。勿論、現在もアニメ放送中。子供なら一度は目にしたことがあるというぐらい大人気です。作者の高橋陽一氏はF.C.バルセロナから招待されてましたからね。

でも、そういえば、同居人のパコが以前こんなことを言っていました。
「有り得ないよ!だって、4週ぐらいずっとドリブルしてるのに、一向に相手ゴールまで辿り着かないんだもん」たしかに。強く同意。改めてこっちで観てみたら、やっぱり有り得ないぐらいずっっとドリブルしてました。

ONE PIECE

現代を代表するマンガ、『ONE PIECE』もあります。

NARUTO

『NARUTO』も顔を揃えています。さすがに世代が違うので、読んだことはないのですが、スペインでは一番人気と言ってもいいほどです。

露店02

露店03

約30ほどの店が軒を連ねているのですが、ぜ〜んぶアニメ、マンガ、フィギュア。そのうちの9割は日本!!

賑わってます

ん?なにかチャイナドレスっぽいのが見えましたか?気のせいじゃないです。

春麗?

ちゃんといましたから。これは『ストリート・ファイト』(ゲーム)の春麗(チュンリー)ってことでいいんですかね??

で、彼女達の視線の先では、ある闘いが繰り広げられてました。

チャンバラ

チャンバラ其の弐

これは・・・チャンバラ・・・ですよね?手作り感満点の刀と盾を手に戦り合ってましたよ。勿論!彼らは真剣です。ギャラリーも真剣に声援を送ってました。とても笑ったりできませんよ!刀がフニャってなっても笑っちゃいけません。いけません・・・。

その横では

wiiもできます

今話題の次世代ゲーム機、『wii』もありました。ちょっとだけアレハンドロとプレー。テニス、ものすごく面白かったです。すごいな。任天堂。

さて、とてもじゃないですけど、一回で紹介できないほど濃いかったので、
明日に続きます。




スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 07:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/01 5:17 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/07/28 9:59 PM