<< 田舎へ行こう | main | 横綱朝青龍はそんなに悪くない! >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


クラブチームと代表での活き方、活かし方。

Jリーグも再開された土曜日、ジェフ千葉VS川崎フロンターレの一戦を諸事情により前半だけ観戦。

あくまでテレビ越しだから実際のところは解りかねるけれど、スタジアムの雰囲気は文句ナシ。客席はほぼ黄色で満たされ、リーグ戦再開後の初戦、待ちに待った感、十分。これでこそホーム&アウェイの意味があるというもの。

オシム監督がなぜリーグ戦で下位に低迷するジェフから5人も代表に召集するのか。それはジェフのサッカーが日本代表のそれとそっくりだから。

ボールも人もよく走りよく動く。おまけに正確性は抜きにして、ゴールへの飢えを感じさせるその姿勢は、日本代表の欠点を洗い出すよう。オシム監督が羽生を切り札として使いたかった理由がよくわかった。アクセル全開の獰猛さは途中交代でこそ活きるのではないか。

誰よりも目立ち、誰よりも活き活きしていたのは川崎の中村憲剛。ボールを追い、カットし、パスをちらして展開し、ペナルティエリアまで駆け上がり自ら仕上げようとする。CKも任されている。体格よりも一回り大きいユニフォームも全然頼りなく見えず、表情も自分が中心であることの自覚たっぷり。キャプテンマークは巻かれるべくして巻かれたもの。

青いユニフォームに身を包んだ彼の姿は偽りの姿に違いない。王様は何から何まで自らの力を発揮できる権力を持ち合わせてこそ。

思うに今の日本代表は王様が多いんじゃないか。

「船頭多くして、船、山に登る」のだ。

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 23:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック