<< 日本代表がもたらした悔しさの必要性 | main | ベティスを生かすも殺すもクーペル監督次第 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アトレティコ・マドリーの未来予想図

久しぶりにリーガネタを。

今オフシーズン、例年にも増して節操の欠片もない補強を進めているアトレティコ・マドリー。すでに前線の選手は獲得した選手だけで余剰人員がでてしまうほど。

アトレティコ・マドリーはスペインの首都マドリーに本拠地を置くクラブ。マドリーといえば、レアル・マドリー。これはもう抗えない事実。レアル・マドリーのライバルはFCバルセロナ。同じ街のアトレティコ・マドリーは一応のライバル、というと、アトレティコファンの反感を買いそうですが、スペインではこれが真実。

アトレティコ・マドリーは、そんな真実を覆すべく、毎年毎年多くの選手を獲得しては混乱し、獲得しては崩壊しを繰り返してきました。やる気カラ回り。

そして唯一のレアル・マドリーに自慢できるクラブの象徴、ラウールから代表の座を奪い、かつクラブに忠誠を誓ってきた“ニーニョ(子供)”ことフェルナンド・トーレスすらも海を渡り、スペイン人が率いるビートルズの街の名門クラブに移籍しました。

理由は「もっと大きな舞台、ヨーロッパの大会でぷれーしたかった」から。

いつまで経っても実らないアトレティコ・マドリーの努力はクラブの象徴だった男によって見切りをつけられました。

それでもアトレティコ・マドリーはめげない。ソフト(選手)が一流ならば、ハードもそれに見合わなければならない、ということで。

次なる一手は新スタジアムの建設

エスタディオ・オリンピコ・デ・ペイナテ。最大収容人員73000人。2010年完成予定。リンク先のCGを観ていただければお解かりになると思いますが、陸上用トラックも付いており陸上競技にも対応。おそらく将来のオリンピック招致のことを考慮に入れてのことでしょう。

サッカーの試合の時はトラック上に座席が出現する仕組みになっており、近代的なスタジアムです。

ヴァレンシアに続きスペインでは2クラブ目となる新スタジアム建設。

MARCA紙のウェブ上ではアトレティコ・ファンが「未来は俺たちのもの」と高らかに宣言しているが、果たしてアトレティコ・マドリーの未来は明るいものになるのか。

それにしてもどこにそんなお金があるのやら。

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 23:34
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
すごいスタジアムですね。トラック上に座席が出現するなんて!やはりピッチの外側にトラックは×ですよね。
それにしても我等が未完?のスタジアムはいつ完成するのでしょうか(笑)
最優先はソフトですが。
  • verdiblanco
  • 2007/08/02 12:25 AM
>verdiblancoさん
サッカーが国技であることの証左のような
スタジアムですよね。

肝心の我らのあれは今年中には改築するって話なんですけどねぇ。

もうあれですよ。
いたるところに見られるヒビの数々は、
歴史を感じさせますよ。ハイ(苦笑)。



  • 宮元
  • 2007/08/03 6:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
BLOGランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ
最近の記事
カテゴリー
バックナンバー
リンク
サイト内検索
その他
携帯用
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
広告