<< 日本代表〈スポーツ)の主役は誰か? | main | リーガ勢、プレシーズン開幕。 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オシム流PK戦への臨み方と年を経るということ

PK戦が始まる前、オシム監督がひとりロッカルームに引き上げる後ろ姿を見て、「あ〜結果如何によっては、これって美味しく料理されるんだろうな」と思ってしまった。

「PK戦は見ないようにしている。私が見ているとツイていないので、見ない方が勝つかなと思ってロッカールームに引き上げた。PK戦は運に左右されるから」

果たしてオシム監督の勝ち。というのも試合は終始、日本がゲームを支配していたわけで、その意味ではそれまでの流れや勢いがチャラになってしまうPK戦への突入は、日本としては決してプラスではなかったはずだから。

キューウェルが外したのはリフティングをしながらポイントまで向ったからとか、高原がふかしたのはボールを置いてから助走まで間髪いれなかったからだとかは、結果論であることは承知の上だけれど、経験上、ペナルティ・キックというものは些細なことが大いに影響するものである。

だからこそ、今でも多くの選手がそれぞれにPKへの心構えやこだわり、例えばボールの置き方や蹴り方、助走の仕方、目線のくべ方・・・などなど)を持っているのだろう。因みに僕はキーパーは一切見ず、蹴る方向も決め打ち派とか。

その意味でオシム監督の言うなれば願掛けはPK戦に臨むにあたって、正しい姿勢だと言って良いだろう。たとえそれがマスコミの格好の餌になろうとも。

PK戦は必ずベンチでスタッフ、選手と一体になってその瞬間を共有しないといけないなんてルールはどこにもないし、ロッカールームに引き上げる方が縁起が良いと信じているのならば、そうする方が良いに決まっている。選手、スタッフが円陣を組んでいるその輪に監督の姿が見えないのは、どこか寂しく物足りないとしてもだ。

もっとも、オシム監督の発する言葉を額面どおり受け止めてしまうのは、少し芸がなく、彼が率いる日本代表を十分に愉しめていない気がするのだけれど。

とはいえ、気候条件、メンバー構成等、1年前のあの1戦とは全く比較対象にならない試合を高原以外、バイタルエリアでのシュートへの真剣さを感じられないまま制したわけで
、次戦の相手はサウジアラビアとウズベキスタンの試合の勝者。

希望はもちろんサウジアラビア。なぜって?それは久しぶりに強者と戦う姿を見てみたいと思わせる日本代表だから。

だから、サウジアラビアのあとはイランとも韓国とも是非、手合わせしてほしいのである。

残念だったのは大好きなキューウェルがさらに狡猾な選手になってしまっていたこと。リーズ時代は若さと才能だけでやれてますという風なプレーだったのに、リヴァプールに移籍し、年齢と怪我を重ねることで、ドリブルで相手を抜き去る喜びを取り戻すことよりも、旨く(そつなく)プレーすることを選ばざるを得なくなってしまったのだろう。

髭を蓄えた彼の表情に年齢的な若さはなく、そしてあの怖れる者のいない不敵で純粋な笑顔は見られなかった。きっと、楽しくないんじゃないかなぁ。

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 01:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
自分はリバプールのここ2年の試合をほぼ全て見てきましたが、正直キューウェルはトップレベルではもう厳しいですよ。もうすでに人が抜けませんし、そういうチャレンジすらしなくなってきてます。リバプールファンとして復活を期待したいですが、正直あのケガの頻度では厳しいと言わざるを得ないですね。それはそうとオージー戦ですが後から考えたらこの試合がモチベーションのピークだったなぁなんて事にならなければいいんですけどねぇ。
  • takamasa
  • 2007/07/22 5:54 PM
>takamasaさん

キューウェルがトップレベルでは難しいこと。
それは分かってました。リーズからリヴァプールに移籍し、怪我をしてから。

だけど、この前の試合での彼は楽しそうじゃなかったんですよ。
もしかしたらこの時期に代表戦、しかもいきなり組み込まれたアジアカップでの戦い、
さらに負傷中という状況もあったかもしれませんけどね。

オージー戦がモチベーションのピークだった。とは思いませんけどね。

おそらくマスコミやファンが意識するほど、現場の選手たちはVSオーストラリア戦ということに神経尖らせていなかったんじゃないでしょうか。

僕は今大会は過去の方が良かったなんていうことには、(結果如何に関わらず)ならないと思っています。

だって、これまでの試合でピークに持ってきて臨んだ試合はなかったでしょう。
  • 宮元
  • 2007/07/24 11:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック