<< 気になるデリケートさ〜日本VSベトナム(アジアカップ) | main | オシム流PK戦への臨み方と年を経るということ >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本代表〈スポーツ)の主役は誰か?

昨日の記事に対するコメントで気になったものがありました。

『自分はまずカメラのスイッチングが気になりました。なぜゴール直後に必ずオシムを写すのかと。メディアまでオシムの機嫌を伺うのかと。今の代表って選手もファンの雰囲気もオシムありき過ぎな気がするんですが。』

というもの。残念ながらお名前がなかったもので、このコメントに対しては返答させて頂いたのですが、ちょっと興味深かったのでここで改めて書かせて頂こうと思います。

たしかにこのご指摘はどおりあの試合、テレビカメラはゴールシーンの度に日本のベンチの画を抜きました。もちろんオシム監督の表情を撮るために。

しかし返答にも書きましたが、これは決して珍しいことではなくて、スペインでもサッカーの試合中継、例えばレアル・マドリーの得点、失点シーンでは必ずカペッロ前監督に画面は切り替わっていました。FCバルセロナのライカールト監督や他のクラブでも例外なくそうでした。むしろ、日本よりもその頻度は多いほど。

ということは得点シーンや失点シーンの直後に監督にカメラが切り替わることは、取り立てて珍しいことではないのでしょうか。

ただし、スペインと日本では監督をカメラで抜く目的に違いがあるのだと思います。

スペインでは単純にそのシーンでの監督の表情から心境やゲーム運びが上手くいっているか否かなどの情報を得るため。日本も基本的にはそうだと思いますが、それだけではないと思います。日本のスポーツ報道で今や当たり前になったこと。時に代表チームの時に見られることですが、それは「○○JAPAN」という冠がつき、○○には監督の名前が入ります。

オシムJAPAN、ジーコJAPAN、長嶋JAPAN、王JAPAN、柳本JAPAN・・・サッカーから野球、バレーボールまでその範囲は拡大する一方です。

カメラがしきりに監督を抜きたがる理由。カメラは何を撮ろうとしているのか。それは主役を撮ろうとしているのではないでしょうか。いくら選手が主役だと言ったところで、字面を見れば誰にフォーカスを当てようとしているのかは一目瞭然。

○○JAPANの主役は誰がどうみたって○○さんではないでしょうか。

スポーツにおいての主役はプレーヤーであるべき。それ以外が目立つということは試合が面白くないか、プレーヤーへの配慮不足か。いずれも異常なことだと僕は考えます。

もっとスポーツを楽しんでもらいたい、いや自分達が製作したスポーツ中継をみてもらいたいと思うのは当然のことですが、そこにスポーツを伝える正しい姿勢はあるかどうか、そのことをなにより考える必要があるのではないでしょうか。







スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 23:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/07/18 5:03 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/07/18 5:14 PM