<< マドリディスタの心をくすぐるレアル・マドリー新監督のお言葉 | main | シュスター監督は未だにバルサのソシオ会員 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オシムの怒声、スペインまで轟く

昨夜のアジアカップ、VSカタール戦後のオシム監督のインタビューをご覧になられた方ならお解かりいただけると思うけれど、オシム監督は相当に機嫌が悪かった。

インタビュアーがマイクを向けるや否や「あぁ?」とあからさまにご機嫌斜めであった。
僕はオシム体制になってからの日本代表の試合というものは、昨夜が初めて目にしたのだけれども、率直な感想は「良いチームになったなぁ(ジーコ時代と比べて)」だった。

昨夜の試合では、猛烈な暑さと湿気の影響か、オシム体制になってから代表チームの枕詞のようにつけられる“走るサッカー”というものの実態は僕には見えなかったのだが、局面、局面での動きに連動性が見られ、「あそこにいてくれたら・・・」という痒いところに手が届くサッカーになっていたように思う。勿論、これは基本中の基本なんだけれど、ジーコの時は痒いとこだらけだっただけに、非常に心地よかった。

それでも、終了間際に追いつかれたことでオシム監督は憤怒していた。

『イヴィチャ・オシム日本代表監督、通訳を泣かせる』

MARCA紙のHPではそう報じた。普段、日本代表のことなど見向きもしないスペインのスポーツ紙が取り上げたという事実。これは何を意味するのか?スペインもオシムのサッカーに、はたまた日本代表に興味を持っているのか?

答えはNoだった。

記事の内容は「オシムは非常に手厳しい言葉を並べ立て、選手達を「下手の横好き」とこき下ろした。その言葉の数々に通訳のZen Chidaは思わず泣いてしまった」といったもの。中村俊輔の証言としてロッカールームでの出来事だったことを掲載している。

それに対する読者の反応はといえば、実に冷ややか。
「これってニュースにするようなことなのか?」
「日本代表は何か?世界有数の代表チームなの?」
「そんなこと言ったら、カマーチョは常にコーチをビビらせていたよ」

唯一、日本代表マニアだという者が日本代表の健闘を祈っていたが、それ以外は散々なものだった。

結局、彼らにとっては『通訳が泣いたこと』、それだけがニュースであり、それが例え日本だろうと韓国だろうと関係はなかっただろう。

こうなりゃ、3連覇しかないな。やつらを振り向かせる方法は。

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 23:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック