<< 幸せいっぱいのロナウド、まだまだ腐りません | main | マドリディスタの心をくすぐるレアル・マドリー新監督のお言葉 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


フットボール界で最も奇妙な指導者は?

MARCA氏がHP上で『フットボール界で最も奇妙な指導者は誰?』という投票を行なっています。

エントリーされている候補者は以下の12名。

・マヌエル・ルイス・デ・ロペラ(レアル・ベティス・バロンピエ前会長、スペイン)
・ピンタ・デ・コスタ(FCポルト会長、ポルトガル)
・ジジ・ベッカリ(ブカレスト会長、ルーマニア)
・シルヴィオ・ベルルスコーニ(ACミラン会長、イタリア)
・ロマン・アブラモビッチ(チェルシーオーナー、ロシア)
・マウリシオ・ザンパリーニ(パレルモ会長、イタリア)
・マウリシオ・マクリ(ボカ・ジュニオルス会長、アルゼンチン)
・エンリケ・ピナ(グラナダ74会長、スペイン)
・ディミトリー・ピーテルマン(アラベス会長、スペイン)
・セカ・ラスナトヴィッチ(オリビク・ベオグラード?、セルビア・モンテネグロ)
・ルシアーノ・モッジ(ユベントス前GM、イタリア)
・モハマド・アルファイド(フルハム会長、エジプト)

有名無名問わず、ファンの喜ぶことなら手段を選ばず、ライバルチームの会長への嫌がらせも数知れず、その行き過ぎた愛ゆえに時にファンから非難の標的にされる者。一国の首相時代、クラブの補強のために国家予算にまで手を出そうとした者。道楽同然で私財でクラブを経営し、100億超の赤字が出ても何食わぬ顔の者。監督のクビは自らのの機嫌次第の者。選手の移籍はとことん粘って相手先から金を引き出す、市長にも当選した者。1部リーグに昇格するクラブを買収してしまった2部Bの小クラブの会長。相手選手のゴールパフォーマンス(ロナウドのゴキブリポーズ)に激怒した挙げ句、呼び出し「ピエロ」呼ばわりした者。審判、協会を巻き込む八百長事件でイタリアサッカー界全体を揺るがし、クラブを2部に降格される憂き目にあった者。高級百貨店を経営する傍ら、政府と対立し、息子はダイアナ妃と共に死亡してしまった者・・・。

こうして見るとよく言えば個性的、悪く言えば問題児が勢ぞろい。我が愛するベティスからも当然アノ人がエントリー。マヌエル・ルイス・デ・ロペラ。ベティス=ロペラといっても過言ではないほど、有名であり、会長職は退いたとはいえ、クラブの株式の大半を所有、未だにベティスの顔。彼の毒気がそのまま魅力にもなっているので、心の底からは憎めない不思議な男。

そんな中唯一知らないのが、セカ・ラスナトヴィッチ。誰なんでしょうか?写真を見る限りではセクシー女優にしか見えないんですけど。

さあ、果たして栄冠は誰の手に?

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 00:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
早速1票投じさせていただきました。
もちろん、あの方に!

途中結果は、やはり1位<約36%>ですね(笑)
ただ、2位のセクシー女優?が得票約30%と迫っていました。

とても気になったので、ちょっと検索してみると、彼女の2位に納得しました。

http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%84%E3%82%A1

首位?守れるでしょうか

>verdiblancoさん
お調べ頂いてありがとうございます。

ずいぶん危険な方で・・・
個人的には断トツ1位じゃないかなと。

それでも、ロペラの1位は揺るぎそうにないですけどね。
もう一騎打ち状態です。
  • 宮元
  • 2007/07/08 10:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
BLOGランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ
最近の記事
カテゴリー
バックナンバー
リンク
サイト内検索
その他
携帯用
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
広告