<< なんとスペインからテレビにインタビュー!?(レアル・ベティス・バロンピエVSオサスナ、第37節、前編) | main | 『崩壊』ベティスVSC.A.オサスナ(リーガ・スパニョーラ第37節)〜後編〜 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


レアル・ベティス・バロンピエVSC.A.オサスナ(リーガ・エスパニョーラ第37節)〜悪夢の始まり、中編〜

エスタディオ・ルイス・デ・ロペラ01

試合開始数時間前から空は厚い雲に覆われ、雷鳴を轟かせながら雨を降らせていた。僕らの席はメインスタンド右手側の最前列。美しい緑色のピッチはすぐ目の前。

選手達のウォーミングアップが終わり、カンテラ(下部組織)の選手達の大会での優勝を祝うセレモニーが行なわれる。果たして彼らの何人が将来、このピッチで躍動するのだろうか。リーガ・エスパニョーラでは試合のボールボーイは全てホームチームのカンテラの選手達が務める。

カンテラの選手達

だから、ホームチームのゴールが決まれば、憚ることなく喜びを表現するし、時にはわざと相手チームにボールを渡すのを遅らせたりもする。彼らにとって目の前でプレーするトップチームの選手達は、もっとも身近で最上のお手本であり、トップチームの出来がそのまま彼らのプレーやクラブへの愛にそのまま直結することとなる。クラブチームの下部組織のあり方として、とても理に適っている。

さて、主役達の登場である。

ウルトラス

もっとも過激なファンが陣取る南ゴール裏は、すでに声を張り上げている。

選手入場

今年はクラブ創立100周年。100周年記念のチームソングが流れると、スタンドは一斉に100周年記念の旗を掲げ、チームソングを唄う。この瞬間は本当に至福の時、僕の後ろのスペイン人は肩を組んできて、そして共に歌う。たまらない。

試合開始

試合は前半からオサスナの緩いプレッシャーもあって、ベティスが先手必勝とばかりに攻め続ける展開に。右サイドのオドンコールは快速を活かし、サイドを駆け上がり、トップ下に位置したソビスも半ば強引にドリブルでつっかける。

しかし、最後のラストパス、そしてシュートの精度が相変わらず悪すぎるために、なかなかオサスナゴールを脅かすには至らない。

ラファエル・ソビス

ソビスのFKやもっともゴールの可能性を感じさせたマルコス・アスンソンのFKもゴールを割れず、CKからDFメッジがフリーでボレーシュートを放つも惜しくも枠を捕らえきれない。

そうして迎えた前半32分、オサスナがCKからファーサイドのミゲル・フニャルのヘディングシュートで先制する。水を打ったように静まり返るスタジアム。その後は五分五分の展開に持ち込まれ、前半終了。

パルメリン

ハーフタイムにいつものようにチームマスコットのパルメリンがスタジアムを一周するも、掛けられる声はごくわずか。

そしておそらく2度と忘れらない後半が始まる。

つづく

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 08:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
始めまして!
RSSに登録し、臨場感満点のブログにいつも興奮させていただいてます。

今回のブログで1つ疑問が解けました。
と言うのも、数年前のベティスのホームゲームでボールボーイが相手チームの選手にボールを渡さず、タルヘタ・ロハを貰っているシーンがあり、1人大爆笑していたことを思い出しました。『カンテラの選手がボールボーイをしている』とのことで、数年来の謎が解けました!

それにしても、今節のカサでの残留確定を期待していたのですが・・・(涙)

監督も代わったようですが、もう最終戦に全力を尽くし、「何がなんでも残留!」を願うばかりです。

これからのブログも楽しませていただきます。

  • verdi-blanco
  • 2007/06/14 2:45 AM
>verdi-blancoさん
はじめまして。
同じベティコの方から、
こうしてメッセージを頂けて本当に嬉しく思います。
ありがとうございます。

カンテラの選手達は、ウォーミングアップの時にはGKコーチとPK合戦をしたりと
非常にアットホームな雰囲気ですよ。

僕も今節でと願っていました・・・。

新監督はパコ・チャパーロですか。
「できることはなんでもやる」の一番手っ取りはやいことは監督交代ですからね。

でも、ルイス・フェルナンデスは嫌いではなかったので、残念ですね。

最終節、サンタンデールまで行くべきか非常に迷っています。喜びも哀しみ大きすぎるんで・・・。


  • 宮元友樹
  • 2007/06/14 6:49 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/06/13 10:30 AM