<< フェリアという名の宴。飲んで食べて踊って。 | main | マドリー、バルサ、セヴィージャ〜悲喜こもごもの優勝争い、結末は最終節へ〜 >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ついに優勝が決まるかリーガ!?

残すところ2節となったリーガ・エスパニョーラ、現地時間9日(土)には第37節が一斉開催される。結果いかんによっては、優勝が決まるため、ヘタフェVSヒムナスティック、デポルティーボ・ラ・コルーニャVSレクレアティーボ・ウエルヴァの2試合以外は同時刻キックオフ。

レアル・マドリーがサラゴサに勝ち、FCバルセロナとセビージャが敗れればマドリーの優勝が決まる。個人的希望としては、3チームとも同結果で最終節までもつれてほしいのだが、各クラブのファン、特にマドリディスタたちは、今節でも優勝を願っているだろう。

代表戦でくるぶしを負傷し、「邪魔された」と露骨にFIFAに喧嘩を売ったMARCA紙の怒りも杞憂に終わり、どうやらベッカムは出場可能。カペッロ監督は「ファイナルだ」と気を引き締める。

一方のバルサは、ロナウジーニョのレッドカードに端を発した出場停止問題も結局、エスパニョール戦の1試合のみにとどまった。

この優勝の行方を左右する2試合をマスコミはここ数日とことん煽っている。それがたとえ些細なことでも煽る材料に変えてしまうそのやり方は、幾分やりすぎの感もあるが、盛り上がることに変わりはない。

個人的に優勝争いよりもベティスの試合が何倍も重要なため、明日はセビージャに向かうが、同時刻開催だから、おそらく逐一、他会場の結果が入ってくるだろう。ベティコたちにとって優勝争いなど対岸の火事のようなものだから、一喜一憂することはないと予想しているのだが、どういう反応をするのか興味深いのだが、今シーズン最後のベティス戦観戦。今シーズン、未だにベティスが勝利するところをこの目で拝めていないだけに、何が何でも勝ってほしい。

ということで、明日はベティスVSオサスナ戦を観戦に行ってきます。


スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 07:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック