<< レアル・マドリーに栄冠を | main | ヘタフェの奇跡と滑稽と揶揄されたバルサ(国王杯準決勝、第2戦) >>

スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


闘牛〜光りと影、真実のとき〜(前編)

スペインといえば闘牛(TORO)、闘牛といえばスペインと言っても過言でないほど、スペインでは闘牛が盛ん。

闘牛場

その起源については諸説あり、人間と動物との格闘が行なわれていたローマのコロッセオのそれとする説と、レコンキスタ期のスペインのキリスト教信者が始めた騎馬で野生の牛を槍で突く貴族の狩猟の風習のそれとする説があるという。

もっとも、確かなのは1000年も前に王家や貴族の家の吉事があったとき、宗教儀式、国際儀式などの際には既に行なわれたいたということ。

それから形式は変わり、現在でのそれは庶民たちの娯楽として根付き、春の訪れがくる4月から夏場にかけて毎週のように各地で闘牛は開催される。

闘牛場02

日陰席と日なた席で値段が分かれている客席が埋まると、闘牛にかかわる全ての人間が入場する。闘牛といえば、野蛮なイメージがあるが、起源が王家や貴族の宗教儀式や国際儀式だけあって、実際のそれは非常に形式と礼節を重んじ、ひとつひとつにキッチリとした決まりがある。この入場も出てくる順番から立ち位置まで決まっている。

客席の上段の一部に吹奏楽隊とそれとは別のトランペットとタンバリン奏者がおり、so
れらの演奏が各場面の開始を告げる。

まず露払い騎士が登場し、主催者(PRESIDENTE)に挨拶し(この主催者への挨拶は全場面の開始時に必ず行なわれる)、その日に登場する3人の闘牛士(TORERO)を闘牛場へ招き入れる。その後、闘牛士たちは一度外へ散る。

そして、露払い騎士が牛舎の鍵を受け取り、牛舎係りが扉の鍵を開け、牛が登場してくる(SALIDA DE TORO)。

牛舎

牛舎から解き放たれた牛(雄牛)は、颯爽と闘牛場へ駆け出す。この時点で観客は、もちろん闘牛士たちも、その牛の状態を見極める。ポイントは目や足の状態。闘牛士にいたってはその癖まで見極めるという。

ほとんどの牛が体重が500kg前後。その姿は見るからに筋骨隆々としていて、勇ましい。

しばらくすると槍方(PICADOR)の場の開始が告げられる。槍方というのは馬に乗った槍方が牛の未知の強さを知る為と、力を弱くする為に槍を刺すこと。これが難しく、槍方が刺し過ぎて、闘牛が弱くなり過ぎても、逆に刺さずに強いまま残してもいけない。だからか、この時必ずといっていいほど、客席からブーイングが起こる。

槍方の場

牛は助手に誘導され、馬に突進していく。その攻撃を受ける馬はプロテクター、目隠し、耳栓などをさせられ、出来るだけ無理なく闘牛の攻撃を受けられるようにしてある。

通常2回行なわれる槍方の場が終わると、次は銛打ちの場(TERCIO DE BANDERILLAS) が始まる。

銛

銛は木製円筒型で、色紙を張って装飾され長さは約70CMほどで先端に鉄の銛がついている。

銛打ちの場

この場面は単なる飾り(ADORNO)ではなく、槍方の場面での闘牛の激しい戦の後の"休息の時間"となる。

銛打ちの場02

これを行なうのは助手(SUBALTERNO)の3人。一番、二番、三番と順番があり、第一番助手(BREGA)が 2本ずつ2回、第三番助手が2本を一回、計3回6本の銛を打つことが規定となっている。

銛打ちの場03

突進してくる牛に走っていき、銛を持った両手を振りかぶり刺すのだ。 ここでもベテランや腕の立つもの、そして、闘牛士自ら行なう場合は、ほとんど失敗せず、一発で刺す。

うまく行ったり、中にはわざと牛の前でフェイントをかけたりした場合などは歓声と「オ〜レ〜」という掛け声(合いの手)が上がる。

この時点で既に観客席は牛の話題でもちきり。「この牛はキョロキョロしてばっかでダメだ」や「砂を前足で引掻かいてらぁ。ダメだダメだ」など。

良い牛はキョロキョロもしない、逃げない、前足で砂を引掻かない。

銛打ちの場の次はついに真打ち登場。ムレタ(MULETA)と呼ばれるあの赤いフランネルの布と剣を持った闘牛士(TORERO DE MATADOR)の登場となる。

つづく


スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • 07:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
プロフィール
BLOGランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ
最近の記事
カテゴリー
バックナンバー
リンク
サイト内検索
その他
携帯用
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
広告