スポンサーサイト

  • 2007.12.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


クラブを心底愛したFKの名手、去る。

出会いがあれば、別れがあるのは世の常。それはスポーツの世界でも変わらない。

21日、ベティスのブラジル人MFマルコス・アスンソン(31)は5年間在籍した同クラブから去ることとなった。

僕が初めて生でベティスの試合を観た時、誰よりも真っ先にその姿を探したのがマルコス・アスンソンだった。ベティスにやってくる前、イタリアはセリエAのASローマでプレーしていたアスンソンはどちらかというと地味で黒子的な存在だった。それがベティスに移籍した途端、彼は変わった。『自分が試合を創る楽しみ』を存分に味わっているかのように見るからに堂々となった。そんな彼の姿は、驚くほどの安値で売り払った前在籍クラブの首脳陣を溜飲を下げるに十分だった。

彼の最大にして最高の武器はFK。ベッカムもすごいけど、ロベルト・カルロスもすごいけど、彼だってすごい。調子の良いときなんか、あのCMでのロナウジーニョのプレーを試合でやっちゃう(つまり、FKを3本ともクロスバーに当ててしまった)ほど。

僕はそのFKと堂々としたプレーぶり、そしてベティコたちからも愛されていた温和で人懐っこい笑顔に惚れていたのだ。

その魅力抜群のFKも昨シーズンは、美しい弧を描けなかった。笑顔もほとんど見られなかった。

彼らが生きている世界は完全実力主義。クラブから必要とみなされなければ、すぐに売りに出される。アスンソンは、新監督のクーペルから戦力外通告を受けた。

彼は言う。「僕がサッカーをやめても、年に1回か2回はセビージャに訪れるだろうね。だって僕はベティスの大ファンなんだからね」と。それはつまり「人生で最高の時間」をセビージャで過ごしたと思っているということ。「ベティスとの契約は切れてしまったけれど、大したことじゃない。だって僕はこのベティスを愛しているんだから」

最後にファンやクラブ関係者、そしてモチベーションを与えてくれたとして記者にも感謝の気持ちを述べ、新天地であるUAE(アラブ首長国連邦)のアル・アヒリに旅立つ。

あの滅多なことじゃ選手を評価しないへそ曲がりな大株主マヌエル・ルイス・デ・ロペラ氏が引退後のアスンソンにクラブのポストを用意しているという、そのことがなによりマルコス・アスンソンのベティスでの5年間を物語っているのではないだろうか。

アトレティコ・マドリーの未来予想図

久しぶりにリーガネタを。

今オフシーズン、例年にも増して節操の欠片もない補強を進めているアトレティコ・マドリー。すでに前線の選手は獲得した選手だけで余剰人員がでてしまうほど。

アトレティコ・マドリーはスペインの首都マドリーに本拠地を置くクラブ。マドリーといえば、レアル・マドリー。これはもう抗えない事実。レアル・マドリーのライバルはFCバルセロナ。同じ街のアトレティコ・マドリーは一応のライバル、というと、アトレティコファンの反感を買いそうですが、スペインではこれが真実。

アトレティコ・マドリーは、そんな真実を覆すべく、毎年毎年多くの選手を獲得しては混乱し、獲得しては崩壊しを繰り返してきました。やる気カラ回り。

そして唯一のレアル・マドリーに自慢できるクラブの象徴、ラウールから代表の座を奪い、かつクラブに忠誠を誓ってきた“ニーニョ(子供)”ことフェルナンド・トーレスすらも海を渡り、スペイン人が率いるビートルズの街の名門クラブに移籍しました。

理由は「もっと大きな舞台、ヨーロッパの大会でぷれーしたかった」から。

いつまで経っても実らないアトレティコ・マドリーの努力はクラブの象徴だった男によって見切りをつけられました。

それでもアトレティコ・マドリーはめげない。ソフト(選手)が一流ならば、ハードもそれに見合わなければならない、ということで。

次なる一手は新スタジアムの建設

エスタディオ・オリンピコ・デ・ペイナテ。最大収容人員73000人。2010年完成予定。リンク先のCGを観ていただければお解かりになると思いますが、陸上用トラックも付いており陸上競技にも対応。おそらく将来のオリンピック招致のことを考慮に入れてのことでしょう。

サッカーの試合の時はトラック上に座席が出現する仕組みになっており、近代的なスタジアムです。

ヴァレンシアに続きスペインでは2クラブ目となる新スタジアム建設。

MARCA紙のウェブ上ではアトレティコ・ファンが「未来は俺たちのもの」と高らかに宣言しているが、果たしてアトレティコ・マドリーの未来は明るいものになるのか。

それにしてもどこにそんなお金があるのやら。

日本とスペインのサッカー中継にみる相違点

「○○がドリブルで仕掛ける、仕掛ける・・・ゴーーーーーーール!!!」

スペインでのサッカーの試合の実況はとてもうるさい。いや、賑やかというべきか。とにかく試合中、黙ることはなく、かつゴールが決まると叫ぶ叫ぶ叫ぶ。それは民放だろうがCS放送の専門チャンネルだろうが変わらない。

しかし、それが耳障りかというと、そうではない。

先日のアジアカップ、日本VSUAE戦、台風の影響でNHKのBS放送が視聴困難だったため、もうひとつの民放局の放送に途中から切り替えた。久しぶりに観たそのテレビ局は、相変わらず賑やかだった。実況者はことあるごとに決め台詞を並べ、解説者は精神論や根性論を熱血に語り、さらにピッチリポーターは逐一、いかにもここだけの情報らしくピッチレベルの状況を報告する。

聴覚に訴える量としては、スペインのそれも日本のそれも同レベルだろう。だが、決定的に違うもの、それは耳障りかどうか。昨日の試合は耳障りだった。

なぜか。それは試合に対する余計な付加価値、ともすれば感動の押し付けともとれるものが多すぎるからではないだろうか。

スポーツ中継の基本は、目の前で起きていることを忠実に伝えること。サッカーでいえばボールを持っている選手が誰で、誰が誰にパスし、誰がマークしているか・・・等々。

スペインの実況・解説陣はひっきりなしに喋ってはいるが、その基本は絶対に守られている。その中でチーム事情やスタジアムの雰囲気、そしてこぼれ話を盛り込ませる。

日本の民放局のスポーツ中継が耳障りだと思うのは、そういった基本を二の次にしてでもドラマティックなことを視聴者に投げてくるからではないだろうか。勿論、日本の全ての放送局がそうだとはいわない。現にNHKやスカパー!の試合中継で観る気をそがれることはほとんどない。

盛り上げることは大事だけれど、視聴者を置いてけぼりにしては元も子もないのではないか。劇的な謳い文句や熱い解説もいいけれど、一方通行で受け手が求めていないもの、不快に思うものでは安っぽくなってしまう。まずは基本に忠実に。

シュスター監督は未だにバルサのソシオ会員

「単にタイトルを獲得すればいいわけじゃない。良いプレーをし、皆を楽しませ満足させなければならない」

レアル・マドリーの新監督に就任したベルント・シュスター。彼は就任会見においてそう語り、マドリディスタが抱くマドリーの理想像を理解し、かつ具現化することを宣言した。さらに「ここに帰ってくることができて嬉しい」とも語っている。

そんなシュスター新監督にはマドリディスタに対して、いささかバツの悪いある秘密がある。

シュスターは1988〜1990年の2年間、レアル・マドリーで選手としてプレーしていた。しかし、シュスターのスペインでの日々はそれだけではない。

彼は選手、そして監督として27年間もの月日をスペインの地でサッカーと共に過ごしてきた。彼がスペインに初めてやってきたのは1980年、降り立った地はバルセロナ。その後8年間、翌年にレアル・マドリーに移籍するまで彼はFCバルセロナでえんじと青のユニフォームを纏ってプレーした。

これまで何人もの選手が最大のライバルであるマドリーとバルサを怒りと嫉妬と共に行き来してきた。記憶に新しいところでは2000年にバルサからマドリーに移籍したルイス・フィーゴだろう。

シュスター新監督もそのひとりなのだが、なんと彼はバルサのソシオ会員なのだという。しかも今でも。つい最近、会員登録の更新手続きまでしているというから驚きだ。

就任会見の席でその喜びをマドリディスタへの約束を宣言したシュスター新監督。その言葉に嘘はないだろうと思う。しかし、本当の胸の内は果たしてどうなのだろうか。

そしてバルセロニスタの、マドリディスタの、何より八方手を尽くして連れてきたラモン・カルデロン会長の胸のうちはいかに。彼らがこの事実を知らないはずはないのだから。



カペッロ監督解任の真相〜優勝セレモニー〜後編

2階バルコニーからのトロフィーのお披露目は20分程度で終了。印象的だったのはファン・ニステルローイ。スペインにやってきて約11ヶ月、自分のスペイン語にまだまだ自信がないのか、マイクをチームメイトに渡されると照れに照れまくる。レジェスやセルヒオ・ラモスに煽てられて、やっとマイクを握った彼は「え〜っと・・・ありがとう!!マドリー、カンペオン!え〜っと・・・ピチーチ!ピチーチ!(得点王のこと)」と叫んだ。チームメイトは爆笑。ファンは微笑みながら拍手喝さい。

勝利したものは何をしても許され、受け入れられる。

カップ

選手達は1階に降り、玄関前に待機しているチームバスに乗って次のセレモニー会場へ向う。

チームバスとトロフィ

トロフィはチームバスの一番先頭に鎮座させられる。バスは通りをゆっくり進む。その後ろ、歩行者天国となった道路をファンが追う。

マドリディスタ

マドリディスタ

マドリディスタ

黄色い歓声を上げながら追いかける女の子、野太い声で歌い歩く男たち、家族連れ、おじいさん、おばあさん・・・やはりマドリーにとって最も価値があり重要なものは勝利なのではないだろうか。

そう考えれば、カペッロ監督はこれ以上ない仕事をした。しかし、ミヤトビッチはカペッロをして「理想実現には不適切」と断じた。

翌日、バラハス空港へ向うタクシーの車中、運転手はサッカーはあんまり興味はないと断りを入れつつ、こう言った。

「マドリーはただ優勝しただけだよ。最終節なんか見たかい?退屈この上なかったね。今シーズンはず〜っとあんなんばっかし。見ていてつまらないサッカーなんて面白くもなんともないよ」と。

さらにもうひとりのマドリディスタの友人は「優勝は嬉しいけど、カペッロは大嫌いだね!あんな見ていて眠くなる試合なんか望んじゃいないんだって!!」

カペッロ監督は10年前同様、またしてもファンから退屈者の烙印を押されてマドリーをさったのだろうか。

マドリーが追求する理想の姿、それはマドリディスタたちを満足させることだとするならば、カペッロは不適切な人物というのももっともだ。



ファビオ・カペッロ解任の真実〜中編〜

現地時間18日、午後6時30分マドリーにあるPuerta del sol(プエルタ・デル・ソル、太陽の門)の地下鉄の駅から地上への階段を上がると、随分な賑わいを見せていた。

人だかりの先に見えるのは自治政府庁舎。赤い横断幕が掲げられ『Campeons』の文字。ちょうど今からレアル・マドリーの優勝セレモニーが行なわれようとしていた。

優勝セレモニー

時間の経過と共に人だかりは膨れ上がり、その多くはマドリーのチームカラーである白を身に纏っているのだが、驚かされるのはその国際色の豊かさ。スペイン人はもちろん、ヨーロッパ、中南米、アフリカ、アジアと、それこそ人種の坩堝状態。飛び交う言語も多種多様。

アナウンスがあり、選手及びクラブ関係者にマドリー市長からメダルの授与式が行なわれる。

ラウール

一人一人名前を呼ばれるのだが、その中には既にベッカムとロベルト・カルロスの名前はない。さらになぜかカッサーノも呼ばれなかった。歓声トップはラウールとグティ。次点でカシージャスとファン・二ステルローイか。因みに黄色い声援トップはダントツでセルヒオ・ラモス。

勿論、ファビオ・カペッロ監督の名前もコールされる。ブーイングはない。むしろ大歓声。そして「カペッロ残ってくれ!」の合唱すらも聞こえた。

メダルの授与式が終わると、次は2階のバルコニーから選手達がトロフィーを掲げ、ファンへの挨拶へ。その間10数分、スピーカーがノンストップでがなり立てるのはQueenの“WE ARE THE CHAMPION”。

マドリディスタ

容赦なく照りつける太陽の下、マドリディスタたちはひたすらバルコニーから掲げられる成功の証を待ち続ける。

マドリディスタ

お出まし。ラウールとグティによって運ばれたトロフィーが姿を現す。

ラウールとグティとトロフィ

歓声と無数のカメラが向けられる。

セレモニー

昨夜は大いにはしゃいだのだろう。かすれた声でラウールが叫ぶ。「本当に本当にありがとう。これは世界で一番素晴らしいあなたたちのものだ。マドリー、カンペオ〜ネ!カンペオ〜ネ!オ〜レオ〜レオ〜レ〜!」マドリディスタたちも続く。

さらに彼らは「エトーのくそったれ!カンペオンはここにある!!」と大合唱。1年前、FCバルセロナが優勝した際、セレモニーでエトーは「マドリーのくそったれ!カンペオンはここにある!」とそう叫んだことを彼らは未だに忘れていない。

これにはさすがにラウールも苦笑するしかなかった。その後、カシージャス、カンナバーロ、レジェス、ファン・ニステルローイがマイクを握り、喜びと感謝を述べた。

セレモニー

セレモニー

セレモニー

優勝セレモニーはまだまだ終わらない。

つづく

ファビオ・カペッロ解任〜その真実とは〜前編

レアル・マドリーは28日ファビオ・カペッロ監督との契約を延長しない旨をダイレクターであるぺドハ・ミヤトビッチが発表した。

解任の理由は「マドリーが追い求める理想像を実現するのに適切な人物ではないため」。カペッロ監督の進退については今シーズン、それこそ恒例行事のようにスペインでは報道され、議論されていた。2006年中はひたすら解任、解任、解任・・・。そしてマドリーが快進撃を始めたそうベッカムが復帰し、勝利を得たアスレティック・ビルバオ戦以降もマドリーを賞賛するニュースが増え、カペッロ監督の手腕を評価するものになったものの、続投を望むようなものはほとんど見受けられなかった。

カルデロン会長はカペッロ監督の進退についてシーズン中、そして優勝後もずっとお茶を濁し続けた。その一方で各種スポーツ紙はシュスター現ヘタフェ監督が次期マドリー監督候補であることを半ば既成事実のように報じ続けていた。マドリー優勝から2日後のas紙はトップで“シュスター流マドリーの作り方”なる記事を掲載したほどだ。シュスター監督本人もやたらとマドリーの補強戦略にコメントし、また「自分の中ではマドリーのチームの形は出来上がっているし、その準備もできている」と発言していたほど。

つまり、いつからというのは断言できないが、シーズン中にリーガの獲得如何に係わらず、カペッロ監督の解任そしてシュスター就任の話はマドリーのフロント内では決定していたのだろう。

カペッロ監督は優勝後「私の中で采は投げられた。あとはフロント次第。ただ、私はここで仕事を続けたいがね」と、自身の将来について語り、さらに「7月20日のマドリー行きの航空券は既に予約したよ。21日からキャンプが始まるんだから」とも言っていた。

しかし、カペッロ監督の望みは叶わなかった。ちょうど10年前、カペッロ監督がマドリーを初めて率いた時もリーガを制しながら、彼の実践するサッカーがあまりにもリアリスティックでつまらないとの批判をファンから受けて1年で去った。

今シーズン、カルデロン会長は「リーガ制覇」という至上命令の下にカペッロ監督を招聘した。カペッロ監督はそれを実現させたものの、またしても1年で解任された。「マドリーの追求する理想像に不適切である」という理由で。

果たしてマドリーの追求する理想像とはなんなのか?

そのヒントは優勝の翌日に行なわれた優勝セレモニーの中に隠されていたように思う。

優勝セレモニー

つづく



ついに優勝が決まるかリーガ!?

残すところ2節となったリーガ・エスパニョーラ、現地時間9日(土)には第37節が一斉開催される。結果いかんによっては、優勝が決まるため、ヘタフェVSヒムナスティック、デポルティーボ・ラ・コルーニャVSレクレアティーボ・ウエルヴァの2試合以外は同時刻キックオフ。

レアル・マドリーがサラゴサに勝ち、FCバルセロナとセビージャが敗れればマドリーの優勝が決まる。個人的希望としては、3チームとも同結果で最終節までもつれてほしいのだが、各クラブのファン、特にマドリディスタたちは、今節でも優勝を願っているだろう。

代表戦でくるぶしを負傷し、「邪魔された」と露骨にFIFAに喧嘩を売ったMARCA紙の怒りも杞憂に終わり、どうやらベッカムは出場可能。カペッロ監督は「ファイナルだ」と気を引き締める。

一方のバルサは、ロナウジーニョのレッドカードに端を発した出場停止問題も結局、エスパニョール戦の1試合のみにとどまった。

この優勝の行方を左右する2試合をマスコミはここ数日とことん煽っている。それがたとえ些細なことでも煽る材料に変えてしまうそのやり方は、幾分やりすぎの感もあるが、盛り上がることに変わりはない。

個人的に優勝争いよりもベティスの試合が何倍も重要なため、明日はセビージャに向かうが、同時刻開催だから、おそらく逐一、他会場の結果が入ってくるだろう。ベティコたちにとって優勝争いなど対岸の火事のようなものだから、一喜一憂することはないと予想しているのだが、どういう反応をするのか興味深いのだが、今シーズン最後のベティス戦観戦。今シーズン、未だにベティスが勝利するところをこの目で拝めていないだけに、何が何でも勝ってほしい。

ということで、明日はベティスVSオサスナ戦を観戦に行ってきます。


スペインのスポーツ紙の持ち味は現場の声にあり

スペインのスポーツ紙の実態については、以前も記したが、その内容は毎日というわけではないけれど、日本のそれと比べて非常に充実している。サッカーに関するものがほとんどなのだが、試合翌日のマッチレポートの細かく、各クラブ(主にレアル・マドリーとFCバルセロナ)のニュースも毎日のように掲載される。

その中でも特筆すべきは選手や監督、クラブ関係者のコメントの多さ。これに関しては毎日、誰かしらのコメントが掲載されている。

さらにそれらのコメントに日本のスポーツ紙で目にするような「ある関係筋からの情報では」といった表現は、ほとんど使われることはなく、コメントした人物の名前がしっかり掲載されており、現場で本人の生の声を取材した後が見て取れ、その分、信頼も置ける。

また、1面〜2面を割いたロングインタビューも各紙オリジナルで週に何回か掲載される。

なぜ、ここまで現場の声が多く掲載することができるのか。ひとつは記者会見の多さ。各クラブは毎日、練習後に選手もしくは監督が順番で定例記者会見に臨むことが決められており、そこで記者たちとの質問のやりとりが行なわれる。勿論、義務というわけではなく、会見を拒否する者も中にはいる。最近では不調と叩かれたロナウジーニョが長い間、会見を拒否していた。

また、CLなどのビッグマッチでは試合前と後で必ず監督の会見の場が持たれ、意気込みや試合の分析を語る。

さらに記者会見以外でも、例えば練習後などに選手達にはマイクが向けられ、コメントを求められ、選手や監督、クラブ関係者などは特に嫌がる風でもなくコメントを発してくれる。

つまり、コメントを求め、求められることは当たり前のことなのである。

日本ではどうだろうか。スポーツ紙に(試合後以外で)毎日のように選手や監督などのコメントは掲載されているだろうか。どちらかというと、専門誌がその役割を担っており、棲み分けができているのかもしれないが、もっと手軽に現場の声が聞けるようになって悪いことはないと思うのだが。

と、今日はヴィジャレアルのディエゴ・フォルランとマルコス・センナが練習中に大立ち回りをしたという以外目立ったニュースがなかったので、書いてみました。

さっそくマルコス・センナとディエゴ・フォルランのコメントも掲載されており、「フットボールの世界ではよくあること。別に大騒ぎするほどでもないよ。もう落ち着いたしね。敵意とかそういったものは皆無だよ」と、マルコス・センナが言えば、フォルランは「カッときてしまったんだ。でも、残念だよ。僕らはいい雰囲気で練習をしていたしね。でも、過ぎたことさ。僕は怒りっぽい人間じゃない。明日、話し合いを持つし、大した問題じゃない」とコメント。

殴り合いがよくあることじゃ困るんだけどな・・・。

リーガ・エスパニョーラに突如湧き上がった重大な疑惑

MARCA紙のHP上に『疑惑』という文字が踊ったのは、現地時間30日深夜。

その内容とはLFP副会長、ハヴィエル・テベスは30日、「レアル・ベティス・バロンピエを2部に落とそうとするなんらかの陰謀がある可能性がある」と会見で告発したというもの。

ラジオ・マルカの番組“intermedio(インテルメディオ)”内にてハヴィエル・テベスLFP副会長は、ぺぺ・レオン(レアル・ベティス・バロンピエ会長)とルイス・エルナンデス監督から「RFEF(スペインフットボール協会)がなんらかの陰謀をベティスに対して働いているのではないか」という主張があったことを認めた上で、この案件に対して「議論する必要がある」と述べた。

各クラブの首脳陣たちは、この問題に対して先週末からその可能性を否定していたが、今となってはそれも難しい。というのも、アンヘル・マリア・ヴィジャールRFEF会長がベティス戦担当の主審に対してベティスに損害を与える影響力を持っていることは確かなようだ。

ハヴィエル・テベスLFP副会長は「日曜日から私は非常に懐疑的ではあった。RFEFが審判の判定になんらかの影響力を持っているとは思いたくなかった。そう、思いたくなかったんだ。そして、RFEFの幹部たちの交代(RFEFの指導力の改善)に尽力し続けたがったが、日曜日に断念し、水曜日にこの疑惑があると私に思わせる案件を熟考に入った。我々は、RFEFの代表がクラブに対する審判団の判定について影響力を持っているという、非常に重大な事柄に直面しているのだ。なぜ私がこの問題にピリオドを打とうとしているのか。それはベティスに損害を与えたくないからだ。ただし、これは偶然の出来事というわけではない。というのも、他のクラブもベティス同様だからだ」とコメントしている。

既に読者からのコメント欄は数多の意見が寄せられている状態。

正直、これだけの情報では真偽の程ははっきりしない。とはいえ、LFPの副会長がこれだけはっきりと断言しているところをみると、たしかな情報の出所や証拠、そして、ベティ側の主張も単なる僻みではなく、確信があってのことだろう。

パッと思い出すのは、第35節のベティスVSヒムナスティック・タラゴナとの1戦で、FKからの競り合いの中でヒムナスティックに与えられたPKだろうか。私は現地で観戦していたのだが、審判が反則としたプレーはなんら問題のない競り合いだった。

31日になれば、この事件の詳細が明らかにされるはずなので、明日以降、続報をお伝えします。

それから、ハヴィエル・テベスLFP副会長はもうひとつの重大なテーマについて言及した。それは奨励金の問題。これはリーガ終盤に見られることなのだが、要は優勝や降格を争っているチームが、そのライバルチームと戦うチームに対して「すみませんがね、次の試合、是非とも勝っていただきたいんですよ。いやいや、そりゃ、もちろん報酬は出しますがな」というもの。

しかし、これに関しては暗黙の了解というか、その存在はクラブもファンも、ましてや協会も公然の事実ではなかったのだろうか。金銭の授受を問題にしているのだろうが、直接の対戦相手がわざと負けるような八百長ではないのだから、それほど問題にしなくても、という気はする。

プロフィール
BLOGランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ
最近の記事
カテゴリー
バックナンバー
リンク
サイト内検索
その他
携帯用
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
広告